挙式会場・パーティー会場

純白のドレスは花嫁の特権

2018/9/13 18:22
こんにちは。

本日は純白のドレスのご案内をさせて頂きます。

「結婚式で白いドレスを着ていいのは花嫁だけ」一度はきっと
耳にしたことがあるフレーズかと思います。
また、ベージュや薄い黄色色などのドレスも写真によっては
白く見えることからNGとされます。

では、なぜ白いドレスは花嫁だけが着ることが許されるのでしょうか?

諸説ございますが、1840年イギリスのヴィクトリア女王が結婚式の際白いドレスを
着用されたことをきっかけに広まったとされています。
王室には珍しい恋愛結婚で「私をあなた色に染めてください」と白いドレスを選ばれたと
されています。

ヴィクトリア女王ドレス.jpg
※ヴィクトリア女王が着たドレスのレプリカです
  実際に着用されたドレスはイギリスのケンジントン宮殿で大切に保管されています。


ロイヤルウェディングへの憧れの的になり、明治時代以降日本にも伝わりました。

また、白いドレスが世間一般的に広まったのは、1980年代以降とされています。
イギリスのダイアナ妃や芸能人の結婚式のテレビ中継などが多かった時代の影響
があるかもしれません。

昔から白色にはたくさんの願いが込められており、今後の花嫁の幸せな生活を願って
婚礼の衣装に選ばれる方が多くいらっしゃいます。

ステキなお時間を過ごせる蒲郡クラシックホテルのブライダルフェアの情報は下記のURL
よりクリックしてください。
                 ↓

https://zexy.net/wedding/c_7770023839/blog/
会食会ウエディングプラン
ページの先頭に戻る
上に戻る